『BTOOOM!』 第07巻紹介

グラサン男との対峙を経て、坂本は昔の友人を思い出していた。

友人の名は織田。
何をするにも完璧を期す男だった。
グラサン男が織田だと確信する坂本。
かつての友人が、ここでは敵となるのだ。

思い出にふけっていると、以前遭遇した『BTOOOM!』狂の少年、吉良が現れる。
戦う気がないと言う吉良だが…。

不意を衝かれ、吉良にBIMポーチの1つを奪われてしまう。
取り返すべく後を追い、ついに取り押さえるが…。

坂本と吉良は勢い余って大きな穴に落ちてしまう。
ここからどうやって脱出するのか…、2人の協力と駆け引きが始まる。

無事に脱出し、3人は平の待つ施設に戻ってきた。
しかし新たな問題が発覚する。

平の容態が芳しくなく、このままでは命にかかわると言うのだ。
ヒミコは坂本だけに、宮本と戦った廃墟に薬品庫があるという情報を伝えるが、坂本は医者である伊達も含めて廃墟に薬品を取りに行くことを提案する。

その時、施設内では伊達が不穏な動きを見せていた。

いったい伊達は何を考えているのか。
本当に味方なのか、それとも…?


以上が『BTOOOM!』の7巻のあらすじです。
2012年1月7日発売!
ぜひご覧ください。


タイトルとURLをコピーしました