妖怪大戦争 レポートその1

ここでは、井上淳哉が2005年夏の角川超大作映画『妖怪大戦争』の妖怪デザインとして関わってきた2年間をレポートしております。
映画を観た人もそうでない人もじっくりとご堪能下さい。

映画『妖怪大戦争』のデザインスタッフに起用されました

2003年9月某日、コミックGUM編集長からいきなりお話しがありました。
「井上くん、角川の人が妖怪のデザインをできる人探してるんだけど、映画の仕事やってみない?」
信じられないお話しに喜びつつ、自分に勤まる内容なのか?と不安にもなり…、まずはコンペ(採用試験)をしてからという事だったので「受かりますように…」と願いを込めてテスト版の妖怪画を描いて送りました。
かつてケイブのシューティングゲーム「ぐわんげ」で培った和風テイストを全面的に出してぶつけてみました。
下がこの時送ったデザイン画です。

[妖怪左上から:化けちょうちん・牛鬼・大首・ぬっぺっぽう青坊主]

後日、プロデューサーとの打ち合わせの日…。
すんなりスケジュールと意思確認の話しを進められ、「あれ?採用でイイの?」と拍子抜けな思いで話しを聞いていました。

凄くドキドキしていただけに、あっけにとられてしまいましたが、合格は合格…。
やるしかない!と燃えに燃えました。


<レポートその2に続く…>

タイトルとURLをコピーしました